[:ja]

%e3%81%8a%e9%87%91

保有不動産を高く売りたい。

しかし、どうやったら高く売却できるのかわからない。あるいはどれくらいの期間で売却できるかわからない。下手したら売れないかもしれない。結果として大きな損失につながるかもしれない。そんな不安から、不動産に対して苦手意識を持つ方意外と多いです。確かに、普通の人にとって、大きな資産の不動産なので、しっかり理解したうえで、取引をすることで、大きな利益につながります。

今回は、売却のコツをテーマに、詳しく解説していきましょう。

まず、売却する目的を決めましょう。

早く売りたいのか、高く売りたい等の目的を定めます。なんでもかんでも大手仲介会社に相談するのは少し、雑だと思います。

スピード勝負であれば、業者に直接買ってもらうほうが、すぐに売れます。注意点としては、買いたたかれる可能性があるので、一応いくつかの業者の意見は確認しておいて方が望ましいと思います。

高く売りたい場合は、一般のポータルサイトなどで自分自信で相場を確認したうえで、仲介に相談してみましょう。しかし取引の形態が、一般のユーザーへの売却になりますので、時間と手間がかかります。少しでも高く売るためには、買い手側に購入しやすい状況で、市場に出したほうが、10%から20%以上高く売れる可能性が上がります。

例えば建物についてですが、古くて使えないようであれば、解体して更地渡しする旨を、表示してみましょう。建物が使用できる場合は、リフォームの必要はありませんが、クリーニングを行う程度でも、印象が違います。収益物件の場合は空室よりも、賃貸がついている状況で売却をしましょう。

高く売るためには、買主側の立場になって商品に対し手間をかけると、買主側も気持ちよく購入できます。車を売るときや、リサイクルショップに行くときには、当たり前のように、手入れしてから持っていく人は多いですが、不動産の場合、意外とそこまでやらない売主さんが多いのです。不動産を高く売却するために、若干の手間はかけましょう。[:]