不動産投資サイト「楽待」を運営する株式会社ファーストロジックは、2018年1月1日から3月31日までに「楽待」に新規掲載された全国の物件を対象とした「投資用不動産市場調査1~3月期」の結果を公表しました。

この中で特に私が注目したのが一棟青アパートの利回り上昇です。かぼちゃ事件の影響で銀行の融資姿勢に変化が見られます。その影響もあるのではなかと思っています。これから不動産投資を始めようと考えている方には良いチャンスかもしれません。

それではレポートの詳細を見ていきましょう。

 

区分マンション

レポートによると、区分マンションの表面利回りは1月0.11ポイント減、2月0.02ポイント増、3月0.06ポイント増と、2~3月で2か月連続で上昇しました。表面利回りは1月7.65%、2月7.67%、3月7.73%、物件価格は1月1,556万円、2月1,573万円、3月1,514万円でした。

区分マンション 物件価格/表面利回り

 

一棟マンション

一棟マンションの表面利回りは1月0.30ポイント減、2月0.47ポイント増、3月0.15ポイント減と推移しました。表面利回りは1月7.57%、2月8.04%、3月7.89%、物件価格は1月22,599万円、2月20,115万円、3月23,223万円でした。

一棟マンション 物件価格/表面利回り

一棟アパート

一棟アパートの表面利回りは1月0.03ポイント減、2月0.02ポイント減と減少したが3月には0.11ポイント上昇しました。表面利回りは1月9.12%、2月9.10%、3月9.21%、物件価格は1月6,929万円、2月6,841万円、3月6,961万円でした。

一棟アパート 物件価格/表面利回り

対象となった物件は、投資用一棟アパート24,284件、投資用一棟マンション5,487件、投資用区分マンション34,291件でした。

【ウェブサイト】楽待
【参照ページ】区分マンション利回り、2カ月連続上昇収益物件数No.1 国内最大の不動産投資サイト『楽待』物件統計レポート2018年1~3月期投資用不動産の市場動向

最後に

この記事をお読みになっている皆さんの中に投資家予備軍の方がいたらこのタイミングで投資を始めてはいかがでしょうか?

どうしたらいい物件に出会えるのか?とお悩みの方はこちらの記事をどうぞ。いい物件を思わず紹介したくなるお客様の特徴トップ10!投資用不動産社長が教えます

大型の融資を受けるにあたって心配な方はこちらの記事をどうぞ。意外とリスクは低い!?ローンのデフォルト(債務不履行)率が示す不動産投資の優位性