Free Happy Woman Enjoying Nature. Beauty Girl Outdoor.

不動産は大きな買い物なので、できるだけ安く購入したい。
そんな気持ち、よくわかります。なぜなら投資用不動産を扱う弊社も同じ考えだから。日々、いかに安く購入をするかを事業規模で取り組んでいます。そこで、業者ではない皆様に少しでも安く物件を購入する方法と、そこに潜む、リスクをお教えします。取得の際のヒントにしてみてください。

一般的な取得の仕方

皆さんが不動産を購入する際、多くの方がインターネットをみて問い合わせをして物件の紹介をされたり、以前問い合わせた業者から、提案をされるケースが多いと思います。その時に、各業者さんの取引形態がどんな取引なのか見てみましょう。業者が保有している、不動産業者保有物件か一般の個人などが保有する物件かで、価格や商品の特徴に違いがあります。

不動産業者保有物件よりもコストがかからない分、仲介が紹介してくる物件で、一般の個人等が保有している物件のほうが安く購入できる可能性が大きいです。いわゆる「C to C」のお取引です。

中古車の購入を例にしてみると、ロードサイドにお店を構え車を並べている業者のイメージが不動産取引でいうところの業者保有物件で、オークション代行業者に車を探してもらう取引が仲介物件です。お店を構えているほうの車屋さんでは、1年保証やその後のメンテナンスが手厚いケースが多く、安心感がありますよね。オークション代行業者の場合アフターサービスに不安があるけど、安いメリットが大きいですね。安く購入するなら、仲介(オークション代行業者)のほうが安く購入できます。

不動産物件の場合

しかし、不動産取引の場合と自動車のオークション取引の違いは、自動車の場合、オークション出品前に検査査定を行い、取引される車の評価が数字で明確になっています。しかし、不動産の場合は仲介会社によって、物件の法的な最低限の説明はされますが、明確な評価基準がなく、価値判断は買主にゆだねられます。イメージとしてはヤフオクなどで直接購入するような取引に近いです。特に不動産の場合、不動産の相場観も重要ですが、建築の専門知識や経験がないと、リスクの量などが全く分からないはずです。この場合の価値判断は、ほとんどのケースで、知っているエリアだから安心とか、築年が新しいから安心等の主観に頼る判断か、仲介業者のコメントによって左右されるはずです。

私の知り合いの投資家の話ですが、1棟のアパートを購入した後に、共用部の配管が地中でつまり、排水が逆流し、1階専有部分が水浸しになり、改修工事と賃借人への賠償で1000万円以上費用の追加負担が発生したり、引き渡し後入居者が徐々に抜けてしまい、再度募集に100万円以上の費用が掛かったケースなどをよく耳にします。

ちなみに不動産取引の場合、不動産業者の物件を、業者ではない人に販売すると、法的に瑕疵が発生した場合、最長で10年間、改修費用などが業者の負担になります。

不動産業者を活用

多少高くても、不動産取引に慣れていない方は、リスクを考えると、業者保有案件のほうが、気が楽ですよね。しかし、すでに保有していて勝手がわかっている人や、資産やキャッシュが潤沢な人は、仲介で直接取引をしてもいいかもしれません。

悪徳不動産業者の見分け方はこちら

http://ft-campus.com/knowhow/10_characteristics_of_bad_real_estate_company